View this post on Instagram

「見ての通りどうぞ」チャン・ヒョク×チェ・スヨン視線を圧倒ティーザー公開 OCNの新しい土日オリジナル「見た通りに話せ」が2月1日初放送を確定しつつ、チャン・ヒョクとチェ・スヨンの2人のティーザー映像を電撃公開した。15秒の短い時間の中でも、代替不可存在感を放つキャラクターが作品に対する期待感を高める。 「見た通りに話せ」は、すべてのことを失った天才プロファイラーと一度見たものはそのまま記憶する能力を持つ刑事が死んだと思った連鎖殺人魔を追跡する五感サスペンススリラー。公開されたティーザー映像には、短い登場にも各自のキャラクターを強烈なカットで描いたオヒョンジェ(チャン・ヒョク)とチャスヨウン(チェ・スヨン)が視線をひきつける。 まず、暗闇の中一人座っている一人の男。天才プロファイラーだったが、婚約者を失って風変りな世捨て人となった「現在」だ。そんな彼が傍受装置に音が検出されると、両方の目を閉じたまま集中し始めた。 かすかに聞こえるサイレンと徐々に今後疑問の足、続いて現場にいるような新人刑事」水泳」が何かを検出したかのよう振り返り、その時現在も目を開けて頭を回転させる。別の空間にいる二人がまるでデカルコマニーのように同時に1ヶ所を眺める時のひんやり表情は、見る人々の息を止める。 何よりも「記憶は歪みますが、現場には真実だけが見える」は、意味を持ったナレーションと一緒に一つ重なる現在の水泳の重なる目は二人が一緒に事件を解決することを暗示する。 特に、現在は長期未解決事件をプロファイリング的に解決した最高の犯罪心理アナリストであり、水泳は瞬間的に見えるすべてのものを写真のように鮮明に覚えているピクチャーリング能力を持つ型買うので、二人の完璧な空調に対する期待感を呼び起こす。果たして二人が目撃した真実は何だろう。 制作陣は「今回公開されたティーザー映像には、これまで多くの方が気にしていた天才プロファイラー現在とすべてのことを覚えている刑事水泳の様子を収めた」とし「キャラクターと一緒に五感サスペンススリラー」という作品のジャンルの強烈な印象を残し者た」と説明した。続いて「「見ての通りどうぞ」が2月1日初放送を確定した。視聴者の皆さんの期待に応える密度の高いウェルメイドジャンルムルにお伺いする予定だ多くの期待と関心お願いする"と頼んだ。 一方、「見た通りに話せ」は先立って去る11月29日撮影現場では、車両の衝突事故が発生し、スタッフ8人が負傷し、このうち一スタッフは脊椎骨骨折など重傷を負い、ドラマ制作環境にも安全不感症が蔓延はないかという指摘を受けたことがある。これ製作を引き受けたエッチハウスやスタジオドラゴン側は「被害者と円満に合意しており、事故の再発防止のために野外撮影安全管理ガイドラインを策定し、全体の現場適用に出た」と述べた ・ ・ #janghyuk #チャンヒョク #ajincome #장혁 #张赫 #張赫 #จางฮยอก #koreanactor #본대로말하라 #見た通りに話せ #tellmewhatyousaw @ajincome cr.donga(20.1.3)

A post shared by chikarin (@chikarin3366) on